誘導体について

「誘導体があるから肌に浸透する?」

ビタミンCの化粧品では誘導体が入っているものが数多く発売されています。
誘導体が入っているかどうかの目安は、成分の中に「アスコルビン酸~~」と入っているものになります。
「アスコルビン酸」の部分がビタミンCで、後ろに文言が続いている部分がある事で概ね誘導体が入っているかどうがを判断出来ます。

さて、この誘導体ですが、良く「誘導体が入っているから、お肌に浸透しやすい!」と、このなようなキャッチコピーで発売されている商品もありますが、私たちは疑問を持っています。

誘導体というのは、何となく浸透させるような言葉を想起させ、化粧品のキャッチコピーとしては非常に良いイメージがありますが、実は「ビタミンCを安定」させるために使用されています。 随分イメージが違います。

ビタミンCとはアスコルビン酸の事であり、アスコルビン酸のままの形でないと効果を発揮しない特性があります。
詳しくはもっと知りたいビタミンCのページへ

ところが、アスコルビン酸のままのピュアビタミンCは非常に不安定な物質で、そのままの形を安定的に製品化するのは技術的なハードルが高くなっています。

そこで、アスコルビン酸に誘導体(安定させるための物質)を添加する事で、製品を安定させていますが、誘導体が付いたアスコルビン酸のままでは効果を発揮する事が出来ません。

この誘導体付きのアスコルビン酸が効果を発揮するためには、肌に塗布した際に、人体が元々持つ酵素との反応によって誘導体部分を切る事で、誘導体部分が無くなった、アスコルビン酸となり、そこで初めて効果を発揮します。

ここまで、ご説明をさせて頂くと「誘導体」という言葉に持つイメージがだいぶ変わる事と思います。
「誘導」のためでは無く、あくまでも「安定」のために誘導体は使われています。

製品が安定するのであれば、やっぱり誘導体が入っていた方が良さそうですが、次のような理由から、私たちは誘導体無しのピュアビタミンCにこだわりました。

「誘導体のデメリット」

さて、この誘導体付きのアスコルビン酸ですが、効果を発揮するために人体の持つ酵素と反応をさせて誘導体部分を切るとご説明させて頂きました。
このプロセスはお肌に対して刺激として現れますが、この点は、敏感肌の方は念のため気をつけて頂くぐらいで大きな問題ではないと考えています。

私たちが大きな問題と考えている点は、誘導体付きのアスコルビン酸の場合は、一般的に製品のpH(ペーハー)をアルカリ性側にしないと安定しないという点です。
pH(ペーハー)というは理科の時間でやったのを覚えてらっしゃる方もおられるとおもいますが、アルカリ性や酸性といった性質を表すものになります。

アルカリ性というのはタンパク質を溶かす作用があります。 
水酸化ナトリウムという物資はアルカリ性ですが、これを指に塗るとヌルヌルとするのを理科の実験で体験をした事がある方もいらっしゃるかもしれません。
これは、タンパク質が溶けているため、そのような作用が発生しています。

もちろん、化粧品の場合ごく低濃度のアルカリ性で作られているので、問題が無いという事で発売されておりますが、人の肌は一般的にアルカリ性よりも、酸性に強いという性質を持っており、アルカリ性にはとても弱いという特徴があります。

「ピュアビタミンCを安定的に保つ」

実のところ誘導体を使ってしまえば、安定した製品を作る事はとても簡単です。
ですが、今までご説明をした通り、無いに越したことがないものであると私たちは考えています。

ところが、ピュアビタミンCを安定的に商品とする事は、技術的にとても難しく、ピュアビタミンC含有を売りにしている製品はとても少なくなっています。

私たちは独自の技術でピュアビタミンCを安定的に製品に含有する事に成功しております。
残念ながら、どのような手法で含有させたのかを公開する事は出来ませんが、セラムリアルCのピュアビタミンCの含有量は8%となっており、日本国内で発売されている製品の中でも有数の高濃度となっていると自負しています。

>トップに戻る

EVO商品のご購入はavenir shopで、
キャンペーン情報なども随時更新しております。